人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

2011年10月26日

ハンバーグと、看護師さんのブログ

ハンバーグを作りました。



この大きさのものが8つ。
付け合せはもやしの味噌いためとレタス&トマト。

ひき肉は全部で4ドル。
もやしは一袋2ドルのものを半袋。
レタスはちょっと高めで一玉3.50ドルのものを3枚。
トマトは1.90ドル/キロのを1個。

これで3人分ができました。

う~ん、やっぱりハンバーグは庶民の味方ですfeel12

今度はいろいろとソースに凝ってみようかなface29


それでは、今日のチャンレンジです。

※(初めてこのブログをご覧になる方へ)チャレンジとは・・・

私は現在、東日本大震災の被災地で実際にボランティア活動中の
『ピースウィンズ・ジャパン』への寄付を集めるために、チャレンジを行っています。

そのチャレンジの内容は、
「毎日ブログを書き、被災地の情報をアップすること」。

ですので、私のブログには自分の日常の出来事と一緒に、
必ず、東日本大震災関連の情報を掲載しています。

このチャレンジの募金目標額は10万円。
そして、チャレンジ期間は6ヶ月です。

詳細は下記ページをご覧になってください!
http://justgiving.jp/c/6821
※私のチャレンジページに飛びます。

応援していただけると、かなり頑張ると思いますicon12



nature08 nature08 nature08 nature08 nature08 nature08 nature08


nature06ブログ JKTSnature06


昨日のブログで紹介した「サンタ100人プロジェクト」のイベントを
開催されることのきっかけになったブログがあります。

http://blog.goo.ne.jp/flower-wing/e/d4a8d7abe8329331acca5f438a03c4924

こちらのブログ、ある看護師さんのブログです。
震災後、被災地で支援にあたられていた看護師さんで、
被災地で体験されたことを書かれていらっしゃいます。

正直、とても衝撃的でした。
はじめから読み返すと、改めて胸が締め付けられてきました。

テレビやネットの報道では伝えきれていない現状がそこにはありました。

遠く離れている私には何もできない。
身につまされる思いも感じました。

震災から7ヶ月以上経った今でもブログは更新されているようです。

忘れてはならない現実がそこにはあります。  

Posted by まむもむ at 22:03Comments(2) L メッセージ

2011年06月14日

村上春樹さんのスピーチ

nature06村上春樹さんのカタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文nature06

毎日.jpより。

(上)
http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040017000c.html

(下)
http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040019000c.html


村上春樹さんのスピーチ、聞き(読み)ましたか?

テレビでは抜粋だったので、
「あの村上春樹さんが原発に反対!」みたいな感じで
そればかりがクローズアップされていましたが、
全文を読んでみると、決して感情的でなく、言いたいことがまとめられていて
誰もが理解できる内容だと思いました。

ぜひ、たくさんの人に読んでもらいたいと思い、
ブログで紹介させていただきます。

ただし、かーなり長いです。
でも、読む価値はあると思います。ぜひどうぞface01



ちょっと今日は朝の写真を一枚。
山に照らされた朝日がキレイでした(写真でキレイに出てないのが惜しいface10
今度は晴天の日に早起きしてみますface03

  

Posted by まむもむ at 16:26Comments(2) L メッセージ

2011年04月19日

長渕剛さん 「復興」






自然が相手なだけに、いつ、どこで、誰が同じ被害にあってもおかしくない。

ここオーストラリアでも同じ。

サイクロンの被害。
洪水に至っては、現在でも続いている。

でも、人は必ず復興を目指します。

生きることをあきらめなければ、復興は必ずできると信じています。



  

Posted by まむもむ at 20:14Comments(0) L メッセージ

2011年04月03日

昨日のテレビ




昨日の「SMAPがんばりますっ」をみました。
久々に、素直に「SMAPすごい!」と思った。
よく考えたら同年代。
人に、勇気とか元気とかをあげられるように
自分も頑張らなきゃ!  

Posted by まむもむ at 14:32Comments(2) L メッセージ

2011年03月28日

『Hey和』



by.ゆず


「希望」を持って「未来」を信じて。

どうか、皆の想いが被災地まで届きますように。

どうか、1日も早くたくさんの人が普通の生活が出来ますように。  

Posted by まむもむ at 14:11Comments(0) L メッセージ

2011年03月23日

高校球児からのメッセージ




「私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。
今東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、
私たちの心は悲しみでいっぱいです。
被災地では全ての方々が一丸となり、
仲間とともに頑張っておられます。
人は、仲間に支えられることで
大きな困難を乗り越えることができると、信じています。
私たちに今できること、
それはこの大会を精一杯元気を出して戦うことです。
がんばろう、日本! 
生かされている命に感謝し、
全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います」

~創志学園・野山主将の選手宣誓より~




阪神淡路大震災の年に生まれた球児からのメッセージ。
心の底から湧きあがるメッセージに感動せずにはいられませんでした。

子供達に「大人もやるな!」と言うところを見せましょう!



****************************




被災地では、多くの方が今もなお不安と闘い、多くの方が救助活動を行っています。
オーストラリアから出来る事を一つからでも取り組みたい、
その想いから豪人では被災地支援のバナーを作成しました。

下記のソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、バナーとリンクが表示されます。

<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>

皆様のWEBサイトやブログに貼って頂き、
多くの方に知って頂けることが海外から出来る支援活動の第一歩だと信じています。

被災地で起こっている現状が一刻も早く回復できるよう、
一人でも多くの方の第一歩を心より願っています。

  

Posted by まむもむ at 23:32Comments(5) L メッセージ

2011年03月23日

忘れないでほしい・・・

皆さん、阪神淡路大震災って覚えてますか?
1995年1月17日。今から16年以上前のことです。


※写真:mainichi.jpより

その頃生まれた子供が、今は16歳。
まさに、うちの子供と同じ。

その震災での教訓が、今回の震災にもたくさん生かされました。
風化させてはいけない、、、との思いから、
たくさんの人が訴えてきた成果だと思います。

マイミクさん(興風さん)のmixi日記での書き込みです。
今回の震災で、被災してない方からのコメントに答えています。
興風さんは、阪神淡路で実際に被災されました。

------------------------------------------------------------
被災した事のない人がダメなのではありません。
被災した人の気持ちは、
被災した経験の中でしか理解できないのは当然です。

阪神淡路大震災の2ヶ月後。
東京では地下鉄サリン事件が起こりました。
見事なくらい阪神淡路大震災は忘れ去られました。
僕はこの現実を、
芦屋市と旧浦和市でいやというほど見せつけられたんです。
(当時の勤務先は旧浦和市だったのです。)
だからこそ伝えたい。
忘れないでいてほしい。
10年たっても使わない電気を消す。
それだけでもいい。
10年たっても枕元に懐中電灯を置いておく。
それだけでもいい。
10年たっても勤務先にスニーカーを1足置いておく。
ちいさいことのようだけどそんな何気ないようなことが、
大きな減災に繋がると思うのです。


(興風さんの日記より)
------------------------------------------------------------

私を含めて、今回直接被害にあわなかった人へ。

今の気持ちを忘れないでください。

何か自分ができることを考えつづけてください。

命を無駄にしないでください。

自分の人生をめいいっぱい生きてください。

そして、「今」を「将来」につなげてください。


被災された方は、生きるのが精一杯。
十分に頑張って、何とか自分を奮い立たせて生きているんだと思います。
悲しいことに、家を失い、家族を失い、故郷が流され、
絶望から自ら命を絶ってしまう人も多いと聞きます。

興風さんは日記でこう答えてくれました。
------------------------------------------------------------------------------
それを食い止める力はきっと人と人の繋がりしかありません。
貴方が死んでしまえば私は悲しいという、
素直で単純な感情です。
そうして人々は絆を感じて生きていけるのではないでしょうか?

------------------------------------------------------------------------------

だから、世の中の流れに流されず、
見守って、そして伝えつづけていかないといけないんだと思います。

最後に、本当に意味での復興には、
どれくらい長い年月がかかるのか、、

------------------------------------------------------------------------------

南へ下れば阪神高速神戸線が軒並み倒壊した現場が目と鼻の先です。
復興の旗印の下、
防災拠点。
交通の確保。
区画整理。
いろんな手続きを経てやっと実家は元の場所に戻ることが出来ました。

実家が元の場所に戻るのに何年かかったと思います?

8年です。
その間引っ越しは5回。
両親は本当に大変でした。

お金はきっといろんなところから集まるでしょう。
でも被災した人々の時間は過ぎてゆくのです。
老いてゆくのです。
老いは確実にいろんな気力を削ぎ落していきます。
そんな人たちに『頑張れ』はあまりにむごいです。

うまく伝える事は出来ないけど、

無理はしないで、
無茶をしないで、

でも、
諦めないで。

長い時間をかけて続けなければならない復興は、
始まりすら見えてません。、


(興風さんの日記より)

------------------------------------------------------------------------------

これから、私達日本人は試されるのだと思います。

被災した、してないは関係ありません。
同じ日本人として、一緒に戦って行きたいと思います。



***************************



被災地では、多くの方が今もなお不安と闘い、多くの方が救助活動を行っています。
オーストラリアから出来る事を一つからでも取り組みたい、
その想いから豪人では被災地支援のバナーを作成しました。

下記のソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、バナーとリンクが表示されます。

<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>

皆様のWEBサイトやブログに貼って頂き、
多くの方に知って頂けることが海外から出来る支援活動の第一歩だと信じています。

被災地で起こっている現状が一刻も早く回復できるよう、
一人でも多くの方の第一歩を心より願っています。


  

Posted by まむもむ at 17:54Comments(0) L メッセージ